本文へスキップ

赤ちゃんの毛布選びのポイント。赤ちゃん毛布は必要なのか?

赤ちゃん用の毛布とは?

赤ちゃん用の毛布とは、赤ちゃん用に作られた小さめの毛布です。サイズはメーカーによって差がありますが、70〜80cm×100〜120cmくらいのサイズが多いです。

赤ちゃんに毛布は必要?

よく売られているベビー布団のセットには含まれていないのでうっかり購入し忘れてしてしまいます。
赤ちゃんには毛布は必要ないのでしょうか?
赤ちゃんは大人に比べて、新陳代謝が活発で汗をかきやすいため、布団を何枚もかけてしまうとたくさんの汗をかいて、かえって風邪をひかせてしまうことがあります。毛布があれば寒い時はお布団に重ねてお使い頂けますし、冬にベビーカーで出かける時、車でのお出かけの時、昼間部屋が温かい時期のお昼寝時に布団ではなく毛布だけを使用するなど、色々な場面で活躍してくれます。

赤ちゃんが毛布選びのポイント

  1. 洗えるもの

    赤ちゃんの毛布は洗えるものを用意しましょう。汗っかきの赤ちゃんは、真冬でも寝ている時に汗をかきます。清潔を保てるように、家で手軽に洗えるものが一番おすすめです。

  2. 天然素材

現代には色々な素材で作られている毛布があります。
赤ちゃんとってもよく汗をかきます。化繊素材はかわいいデザインや乾きやすなど長所はございますが、寝汗の吸い取りが悪く肌がべたべたして肌の敏感な赤ちゃんの肌トラブルを引き起こしてしまうことにもつながります。
昔から「赤ちゃんは寝るのが仕事」と言われるぐらいとってもよく眠ります。寝具にくるまれている時間がほとんどです。化繊素材は静電気がおこりやすく空気中のほこりなどを吸着しやすいので、睡眠時にハウスダウト等も吸入してしまうことにつながります。
赤ちゃんが使う毛布は、天然素材のものをおすすめします。

毛布で赤ちゃんに心地よい眠りを

ベビー毛布は見た目も機能性にも赤ちゃんに最適なアイテムです。季節によって違う素材の毛布を使い分けるのもいいでしょう。
家の中では赤ちゃんの睡眠のお供に、お出かけの際は赤ちゃんを寒さから守る防寒具として、ベビー毛布は1枚あるととても助かりますので、赤ちゃんが生まれたら揃えておくことをおすすめします。