本文へスキップ

出産祝いのマナーや時期は?知っておくべきマナーや適切な時期を解説

出産祝いのマナーmanners of baby gifts

産後のママについてのマナー

ママとのお付き合いにもよりますが親戚以外は、出産したと聞いてすぐに突然病院に押しかけるといった、相手の体調や都合を考えない行動はママやベビーにとって負担になりますので避けましょう。
まず電話かメールで都合を聞いて、ママの負担にならない時間帯に訪問しましょう。ついついおしゃべり時間を忘れがちですが、ママもベビーも疲れてしまいますので長居禁物です。
風邪など体調不良の時の訪問も避けましょう。
出産という大業を成し遂げたママに必要なのは休養です

出産祝いを贈る時期についてのマナー

欧米では「ベビーシャワー」という日本で出産祝いにあたる行事は出産前に行いますが、日本では出産前にお祝いを贈ることはいけないとされています。(万が一死産だった場合失礼になるからです)
ママのの体調が整いはじめるお七日(生後7日目)を過ぎた頃からお宮参り前(30日すぎ)までの間に贈るのがよいとされています。
なぜこの時期なのでしょう?
お宮参り(赤ちゃんが無事に生まれた感謝と健やかな成長を祈願して、氏神様に参拝)の後、お祝い返しの準備をする方が多いからです 。
申し訳ございません、マイブランケットの商品は、オーダーメイド商品をニュージーランドで製作してお届けするため、製作期間や運送期間がかかりお届けまで約1ヶ月頂いております 上記に記載したようにお宮参りまでにお届けすることが出来ない場合がございます、贈られる方に事前に製作に時間がかかる為お贈りするのが遅くなることをお伝え頂ければ先方にも失礼でなく、ご理解頂けると思います。お手数をお掛け致しますがよろしくお願い致します。
贈り物はベビーが1歳までは「出産祝い」として贈り、1歳をすぎてしまったら「お誕生祝い」として贈るのがよいでしょう。
お子様が大きくなっても末永くご愛用頂けますので、ベビーブランケットをお誕生日のお祝いに贈られる方も沢山いらっしゃいます!