本文へスキップ

出産内祝いのマナー、知らないでは済まされない常識とは?

出産内祝いの時期、マナー、相場をご紹介anout family celebration

出産内祝いとは?

内祝いの「内」とは「家」のこと。自分の家のお祝い事の時に、慶びをおすそ分けするという意味で、お祝いをいただかなくても、周囲の人に品物を贈っていたそうです。 また昔は、赤ちゃんが生まれたご報告とあいさつを兼ねて、お世話になった人を家に招いてお披露目のお祝いをしたり、お宮参りをすませた帰りにお赤飯や紅白のお餅を親類や近所に配っていました。現在は出産祝いに対するお返しの意味と考えるのが一般的です。赤ちゃんの誕生の慶びをお祝頂いた方々に感謝の気持をこめてお返しするのが「内祝い」。

出産内祝いの時期

生後1ケ月前後、お宮参りを目安に贈るのが一般的です。
生後1ケ月以降に頂いた祝いには、その都度「内祝い」を贈りましょう。

出産内祝いの相場

お返しの金額は、3分の1から2分の1に相当するものを品物でお返しするのが一般的です。